無料ホームページなら お店のミカタ - 

㈲富士クリーニング商会 | 日記 | カビに注意~対策編~


お知らせ

2017/05/01

5/3(水)は9時~18時まで営業しております。

2017/04/27

4/29は9時~18時まで営業致します。

2017/02/04

2月5日(日)は社員研修の為、お休みさせて頂きます。

住所・TEL

住所
〒220-0051
神奈川県横浜市西区中央1-4-3

TEL
045-322-6245

㈲富士クリーニング商会

WEBはこちら

MOBILEはこちら

TEL : 045-322-6245


㈲富士クリーニング商会 日記

TOP > ㈲富士クリーニング商会 日記 > カビに注意~対策編~

カビに注意~対策編~ (2015.07.22)

皆さん、こんにちは!! 富士クリーニングの若旦那です(^_^)

前回の日記では、カビはどうやって発生するのか、カビが発生してしまった衣服にどんな変化が起こっているのかをお話しさせて頂きました。
なので今回は、そのカビを発生するリスクをいかに減らせるかという所をお話ししたいと思います。

まず大前提として、しまう衣服はWクリーニング(ドライクリーニング+ウェットクリーニング)をしておきましょう!!これは、カビの養分となる汗や皮脂汚れ、食べこぼしといった汚れをキレイに取り除くことで衣服にカビが寄生しても、増殖を防ぐことができます。

次に、湿気対策が大切です!! 
エアコンの除湿機能や除湿機の活用などに加え、収納も少し工夫してみるのもいいです。
そもそも湿気は重いので、下の方に溜まります。例えば、二階建て家屋の場合は階下より階上が保管場所に適しています。階下の押入れの場合も上段の方が良く、スノコを使ってみるのも良いです。
整理ダンスの場合は、上段には毛や絹製品、中段には綿や麻製品、下段には合成繊維製品など・・・といったように湿気に弱い衣服ほど、上の段に収納すると良いです!!

因みにクローゼットなどへの詰め込み過ぎは禁止です!! 湿気が溜まらないように空きをつくり、湿気が溜まりやすくなってしまうホコリが増えないように掃除も忘れないようにしましょう!!

そして、湿気対策で要注意なものが除湿剤です。
白い粒状の塩化カルシウムが成分の除湿剤は、湿気を吸うと液体(またはゼリー状)になりますが、その液が何かの拍子で衣服についてしまうと台無しになってしまいます・・・。
なので、除湿剤には食品用のシリカゲルを成分としたものもあるので、除湿力は弱いのですがそれを使えば湿気を吸っても個体のままなので安心して使うことができます。


こういった対策をあらかじめしておけば、カビ発生のリスクはグンッッッッッと減るはずです!!
最後に、汗をかいたりした着用後の衣服はWクリーニングをする!! それだけは忘れないで下さいね(>_<) 

日記 一覧へ戻る


このページのトップへ

【PR】 屋久島ダイビングガイド マリンクラブ カイオロヒアSTUDIO ELEMENTSSABAY-SABAY もみほぐし&タイ式リラクゼーション癒しのふーれ ピーチフルヘアサロン松竹